top

■東京会場 ■大阪会場 ■福岡会場 |竹内日祥上人の講演が試聴出来ます

title

■ごあいさつ                                       

経営環境が激変を続ける現代社会、企業におけるマネジメントの大転換が求められている。何故なら、これまでの戦略がまったく通用しない深刻な問題が、顧客と企業との関係性において次々と発生しているからである。

ところが、組織に所属する社員は、企業内部の調整を図り、平衡を保つ事ばかりに着目し、抜本革新を忌み嫌う傾向にある。この内向きの思考が蔓延する事により、企業は確実に衰退に向かってしまう。

効率的な数値的成果を最優先する近代マネジメントの弊害は、そのすべてがテクニックに基く管理と制御の徹底である事から、組織全体が内向きとなり、閉塞状態に陥るという重大な問題を発生させるに至る。

企業におけるマネジメントの成否を分けるのは、効率性を追求する管理手段の徹底ではない。組織のリーダーは、社員自身の主体性と創造性を最大限に引き出す組織へ抜本革新させる事こそが、最大の課題に他ならない。

今こそ価値観の教育を実施し、既存の思考の枠組みからの脱却を図る必要がある。顧客や社内の他者に対して、いかに自分が無関心であり、共感性が皆無であったかという実態に、改めて気付く事ができるからである。

その深い内省による思想的な当事者意識が確立されて始めて、顧客や会社の問題を自分自身の問題として捉えられるようになる。この主体性の確立により、自社の抜本革新を成功に導く条件が体得されるのである。

お申込みはメールでお願いします。(フォームは作成中です)
osakamap tokyomap kyusyuumap
日程表



Copyright Zennihon Keiei Ningengaku kyokai. All rights reserved.